チューリッヒ保険チューリッヒ自動車保険

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チューリッヒの任意保険は安全運転講習会受講割引があります。 

安全運転講習会受講割引という言葉を聞いたことがありますか?

安全運転講習会受講割引は指定自動車教習所で行う安全運転教育等に関する講習を受講すると受けられる割引になります。
でも安全運転教育等に関する講習も運転免許取得者教育として認定されたものじゃないとダメみたいですね。


僕も仕事の関係で以前、自動車の安全運転講習を受けたことがあるのでチューリッヒに問い合わせてみたところ運転免許取得者教育として認定されているものじゃなかったみたいで、ダメでした。

もし何か安全運転にかかわる教習を受けているなら問い合わせてみると良いと思います。丁寧に答えてくれますよ^^
自動車保険比較した後でも前でも聞いてみる価値はあると思います。

安全運転講習会受講割引の割引対象になる運転免許取得者の課程

[ 2007/01/17 10:06 ] チューリッヒ保険料の算出基準 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴールド免許割引!任意保険を格安にするにはゴールド免許ですね! 

ゴールド免許は誰でも手に入れたいと思いますよね!
任意保険などの自動車保険の保険料が安くなるのもそうですけど、何よりも持っているという事がステータスですから。

ゴールド免許割引を採用していない任意保険はないんじゃないかな。
もちろんチューリッヒ自動車保険も安くなりますよ!


僕自身まだゴールド免許を手に入れていないので割引がどのくらいあるのかはわかりませんけど、かなり変わってくることは間違いなさそう。
ゴールド免許を手にするのが今から楽しみです!

[ 2007/01/15 18:45 ] チューリッヒ保険料の算出基準 | トラックバック(-) | コメント(-)

自動車保険の保険料は運転される地域によっても割引対象に! 

日本国内を狭いと考えるか広いと考えるは人それぞれでしょうけど
ちょっと地域が変わるだけで交通事情はかなり変わると思います。

交通量が多い都会もあれば少ない田舎もあるし、走るのに苦労する道路や危険な道路が存在する地域もあるかと思います。
もちろんこういう交通状態によっても事故の発生率は確実に変わりますよね。


チューリッヒ自動車保険は運転される地域によって保険料が割引になるんです。
もちろん割引になるのは事故発生頻度の低いエリア

チューリッヒでは全国を7つの地域に分けて保険料を算出しています。

・北海
・東北
・関東、甲信越
・東海
・中国、近畿
・四国
・九州


ただ地域によって自動車保険の保険料が安く割引になると言っても、任意保険のために割引になる地域に引越しするわけにもいきませんけどね(笑)
見積や比較してみて自動車保険が安くなればラッキーということで。

[ 2007/01/15 10:08 ] チューリッヒ保険料の算出基準 | トラックバック(-) | コメント(-)

運転される方の年齢によって任意保険料も格安に! 

自動車を運転する人は10代から70代以上まで幅広いですよね。
そんな老若男女多くの人が同じ運転をする事はまずありません。

また年齢によっても事故の発生率が変わってくるのも自然な事です。
だからチューリッヒにも任意保険には運転される方の年齢によって保険料が安くなるという割引が適用されているんですね。


年代層別に交通事故発生頻度のデータを見てみると

・10代 288.7
・20代 157.7
・30代~40代 91.9
・50代~60代 94.5
・70代 97.0

これは全国を対象に1万人あたりの交通事故発生頻度です。
10代が圧倒的に多いのがわかります。次いで20代ですね。

一番少ないのは30代~40代で、運転にもなれ落ち着いてくる頃かな。


交通事故発生頻度のデータからも30代以上になると保険料も安くできますよね。
チューリッヒ任意保険にも30歳未満不担保特約というのがありまして、車を運転するのが30歳以上の方だけなら保険料がさらに割安になりますよ!

[ 2007/01/14 18:44 ] チューリッヒ保険料の算出基準 | トラックバック(-) | コメント(-)

チューリッヒ自動車保険の安全運転者特別割引 

チューリッヒも含めて任意保険に加入していると等級ってありますよね。
基本的に無事故だと毎年等級は上がっていく仕組みになってます。

この任意保険の等級が16等級以上になるとチューリッヒでは安全運転者特別割引として保険料を割引してくれるんです!割引は4%。これで最大40%も割引される可能性が!


ただ細かい条件はあるみたいです。
前年無事故で2年連続16等級以上の方で30歳未満不担保特約を付保された場合に限り適用される割引で、最大40%と言ってもリスク条件によっては難しいみたいです。

やっぱり任意保険によって割引対象が変わりますから比較するためにも一括見積って良いサービスですよね!

[ 2007/01/13 10:32 ] チューリッヒ保険料の算出基準 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。